空き家を売却する時に必ず必要になる知識

空き家レインズに登録する


皆さんから売却の依頼を受け取った不動産屋は、購買者を探し出す売買活動を開始するのです。

 

今日は、不動産屋はいかなる売買活動を行なうのかに関してお話ししていきます。

 

なにより、大まかに分けると4つの売買活動があるのです。

 

 

 

@レインズにアップする

 

 

 

最初にレインズに、皆さんのマンションの情報をエントリーします。

 

レインズのデータペースについては不動産業者しかアクセスが許されていません。

 

それについては、不動産業界にワイドに情報が配信してもらうことにより、販売をお願いした不動産屋は勿論の事、買主に情報が影響を及ぼす外すことができない販売活動となるのです。

 

この他には、お隣さんに秘密で買ってもらいたいケースにも、不動産業界内には情報を流通させることは必要不可欠であることを考えて、最低レインズには物件情報を加入していただきましょう。

 

これに関連して、専任媒介契約であるケースでは、不動産屋にエントリーの必要性が課せられるのです。

 

 

 

ADMを送る・自社のお客様にピックアップする・店頭の広告ポスター

 

 

 

以前から自社に見込み客がいるケースもあれば来店したお客様に、みなさんのマンションを公開します。

 

さらには店頭にも物件の情報を広告ポスターで知らせます。

 

そうは言ってもこれらは、そんなに広く情報が行き渡る販売活動ではないのです。

 

 

 

Bポスティング・ニュースペーパー折込宣伝ポスター

 

 

 

最も情報が広がっていき、買主の手に届く見込が一番高いPRであります。つまりは紙のチラシだということです。

 

「情報をゲットしたい人」は勿論の事「情報が不必要な人」にも送られてきます。そういうことの意味では攻めのアピール的と言えます。

 

その一方で、秘密で買ってもらいたい場合なんていうのには適しないでしょう。しかしポスティングのケースでは、ニュースペーパー折込広告とは異なって、いくらか配布先を限定できます。

 

それだから「こちらのマンションは入り込ませないでいただけないか」とでもいうべき指定も可能だと言えます。

 

スピーディーに成約させたいケースでは、外せない広告活動ことになります。

 

 

 

 

 

CインターネットPR

 

インターネットWEBサイト(有名なヤフーとか)

 

不動産情報、物件情報サイト(有名なアットホームとか)

 

不動産屋の自分の会社のホームページ上

 

といったものに物件情報を掲載するのです。

 

 

 

ネットのPR活動は、紙のチラシとまるで違うところがあるのです。

 

そこの点は、紙のチラシは自動的にポストに入り込みますが、インターネットのケースでは、買主は自分自身でインター・ネットの中に物件情報を探し求めにくるんです。

 

敢えて探しに来て情報を見ているはずですから、「他の何よりも意気ごみのある見込み客」的ちということになります。

 

そういう点の意味合いから、紙のチラシを「攻めの広告」と決めた場合だと、ネットの広告は「守りのPR」ということになるのです。

 

しかも「見つけ出しに行かないと見つけられない情報」なので密かに買ってもらいたい方もネットのPR宣伝は応用するようにしましょう。

 

こういったように、不動産屋のPR活動は大まかに分けて4つ見えてきます。

 

やむを得ず隠しておきたいケースで無い限り、マンションを販売するときはこのような事をあますところなくに物件情報をオープンにされた方がいいでしょう。

 

余談ですが、そのような広告活動にかかるご予算は、基本的には不動産屋が受け持ちします。

 

ですがホントに稀なケースですが、時には広告費用を別口で請求してくる不動産屋もいらっしゃいます。

 

質の悪い恐れがあり、決済時に仲介手数料に加え広告費と突然お願いしてくる例も存在するのです。

 

この理由により、セールス活動を開始する前に「広告費の負担」、他のものよりも今話しをした4つについて経費の負担は誰がするのだろうかをのかをチェックしておくようにしたいものです。

 

みなさんのマンションがレインズにエントリーされ、PRもスタートしました。いよいよ今後の買主さんへ情報がプレゼンされます。

 

 

 

 

Web参照: マンション 査定